Web MIDI APIの動作テスト

このページでは、訪問者のブラウザを含む環境でWeb MIDI APIを利用できるかどうかを自動的にテストします。

MIDIキーボードをPCに接続しておきます。私の場合はKorg nanoKEY2というMIDIキーボードを持っていますので、これをPCのUSB端子に接続します。キーボードを接続した後、ChromeもしくはEdgeを立ち上げなおします。



このページを開いて、ちょっと待ってから下にWeb MIDI API ready!の表示がされていれば、Web MIDI APIが使えます。Web MIDI API faileの場合は使えません。readyの場合は、入力デバイスの数と名前、出力デバイスの数と名前が表示されます。

テスト中

たまに、MIDI キーボードを接続していて、Web MIDI API ready!と表示されているにもかかわらず、input_device=0, output_device=0 と表示されることがあります。この場合には、1) MIDIキーボードを抜く、2)ブラウザを終了する、3)MIDIキーボードを挿す、4)ブラウザを立ち上げる、5)このページを開く、の手順を試してみて下さい。

入力:

上の入力と書かれたプルダウンメニューは、PCに接続されているMIDI入力機器のうち、どの機器をモニターするプルダウンメニューです。1つの機器のみ接続されている場合は、その機器の名前が表示されていると思います。私の場合はnanoKEY2 と表示されています。もし、機器を接続しているにも関わらず、メニューが表示されない場合には、このページをリロードしてみてください。



さて、今度は鍵盤を押してみます。一番左の鍵盤を押して離してみると、

data.length=3: 0x90: 0x30: 0x57:
data.length=3: 0x80: 0x30: 0x40:

などのように表示されるはずです。0x90は鍵盤を押した時に出る情報です。(この情報をノートオンと言います。)0x30はどの鍵盤を押したか?の情報です。(この情報をノート番号と言います。)上の図にそれぞれの鍵盤でどのような数字が出るかを示しました。0x57の所は鍵盤を押すときの速さを意味しています。(この情報をベロシティと言います。)押さえ方によって数字は異なります。そ~と鍵盤を押すと0x2D(もっと小さい数字が出せるかもしれません。)という情報が、バンと強く押すと0x7Fが出ました。0xはHEX表記を意味しています。次の段の0x80は鍵盤を離した、という情報です。(この情報をノートオフと言います。)


MIDIアプリケーション